どうも!デザイン関係を担当していた とあ です。
ビアフェスでは、ロゴやパンフレット、のぼりやTシャツのデザイン、その他細かなものを作らせて頂きました。
ちなみに筑波大学の芸術専門学群出身です:)

ビアフェスが終わってまだ一ヶ月しか経ってないだなんて、本当に信じられません。
こんなに濃い時間を過ごしたことってあったっけ?と思えるくらい、本当に充実した3ヶ月でした。

私はメンバーの中では少ない、社会人として参加していました。
その目線と広報に関すること中心に振り返ってみようかな。

✿✿✿✿✿

私は、普段都内で派遣社員をしてるんですが、他の時間は、お酒をのむか(笑)制作活動をしています。
私がどれくらいビールが好きかというと、味からイメージしたイラストと紹介文を載せた「ビールの紹介本」を自分で作ってしまうくらいです。
※ちなみにこんな感じ↓
私がビアフェスの存在を知ったのは、6月末のこと。
twitterで友人が「これ参加してみたら?」と教えてくれたのがきっかけでした。
“大好きなつくばでビアフェス!!!!”
想像しただけでわくわくして、瞬時にメンバーに入れてくださいとメッセージを打っていました。

そして、ビールのイラストを描いていたこともあり、ロゴを作らせて頂けることに!
「すごく天気のいい日に、大学の噴水前の芝生でビールをのんだら最高だった。
これをみんなで味わえたらきっともっと最高だよね!!」
ミーティングで代表のヒロは、生き生きした笑顔で話してました。
私も学生の頃、あの芝生で友達とビールパーティーをしたことがあったので、気持ちがすごくわかります。
あと、クラフトビールということで、「手作り感」、大人も子供もみんなが楽しめる雰囲気をロゴに盛り込むことに。
完成して、いろんなものにこのロゴが使われていった時は、正直「これでいいのかしら?!」という不安があったけど、
今となっては、皆さんに成長させてもらってビアフェスの顔になったと思えます。
ああ、こんなに立派になって…親の気持ちです。ありがたい!


唯一の心配事だったのは、メンバーのほとんどはつくばにいるのに、私は離れた所にいたこと。
全くミーティングにも参加できずにいてすごく不安だったのですが、
ビールを飲み交わせばあっという間にうちとけて、杞憂だったのだなぁとほっとしました。
そしてビールの絆はこんなにも強いのかと実感しました笑


東京に勤めてる私には、都内のビアパブに協賛やポスターやビラの設置をお願いをして回れるというメリットがありました。
今回はたくさんのビアパブにご協力頂きました。本当にありがとうございます!!

その営業の中で一番心に残ったこと。
「ビールは笑顔が似合うお酒」
大好きなとあるビアパブのマスターが話して下さいました。
不思議なことに、ビールをのんでる人はみんな笑顔になってるんです。
これは、他のお酒には真似できないことです。
私はこの言葉を聞いて、ますますビールが大好きになりました。


ビアフェスが近くなってくると、いろんな締め切りが立て込んで、睡眠時間をゴリゴリ削って制作してました。
でも、それも全然苦にならなかったんですよね:)逆にすごい気合入ってました。
成功させたいって気持ちと、みんな頑張ってる姿を知ってたから頑張れたんだなぁ。
ちなみに、いろんなデータは、ナント便利な「Dropbox」というツールで共有してるのですが、
誰かが更新すると、自分のデスクトップにその表示が出て、
「ああ、みんなも作業頑張ってるなぁ。私もがんばろう!」とやる気になったものでした笑

今までパソコンに向かって一人で作業ばかりしてたのですが、
当日POP制作している時、「これにいろ塗ったらいいですか」とか「これ切るね」とか、
たくさん声をかけてくれて、一緒に作業できたのが本当に嬉しくて楽しかった!!
そして、みんなで作ったものが使われてる所を見ると、感動もひとしお…
本当に楽しかったなぁと、思い出してはじーんとしています。
この経験は、人生を前向きに生きたい!!と思わせてくれる大切なものでした。


なんだかダラダラとした文章になっちゃった;;
このイベントは「参加してよかった!!」と心から思えること間違いなしです!!
学生でも、社会人でも、気持ちさえあればなんだってできます!!
もっとビールの輪をひろげたい~*
ぜひぜひ一緒に楽しみませんか?ご応募お待ちしてます!!!
tsukuba.beerfes@gmail.com


とあ:)
 





Leave a Reply.