はじめまして!
2013春のビアフェスで会場班を担当するごうだといいます。

実は、1月上旬にブログをかくように指名されていましたが、卒論なんかでドタバタして1ヶ月ばかり放置していました・・・
しかし!今日はその卒論発表がおわったので、勢いにまかせてブログを更新したいと思います!

最初に、僕がビアフェスに関わるようになった動機は、
2012秋のビアフェスに参加して楽しかったとか、サークルの先輩の勧めがあったとか、いろいろありますが・・・
一番の動機はビールに詳しくなりたい(というか飲み会がしたい)というものでした!
Picture
我が家の冷蔵庫で冷える新ジャンルの図
しかし、僕がビールに詳しいかというと、そんなこともない・・・
そもそも、クラフトビールなんてこのビアフェスでしか飲んだことない・・・

昨月の燻製会では、樽から湯水のように湧き出るクラフトビールに感激しましたが、
僕が普段飲んでるビールといえば、プレミアムモルツやスーパードライはおろか、
お財布にやさしい第3のビール、いわゆる新ジャンルくらい。

そう!ほかならぬ新ジャンリストなのです!

そこで、今回はおすすめの新ジャンルランキングを紹介したいと思います。
クラフトビアフェスのブログという趣旨からはすこし外れてしまいますが、お許しください(-人-)

第3位 サッポロ 麦とホップ
「ビールと間違えるほどのうまさ」というキャッチフレーズで有名な麦とホップですが、
その苦味とコクは本物のビールさながら!
他の新ジャンルと違って、おつまみとあわせなくても単体でイケます。
最近発売された麦とホップ黒も濃厚でおいしいです。

第2位  アサヒ クリアアサヒ
アサヒといえばスーパードライがおなじみですが、スッキリしたキレのある後味が特徴です。
魚料理や肉料理とあわせて飲みたいですねー。鍋パなんかのときは必ずクリアアサヒをもっていきます!

第1位 サントリー 金麦
いわずと知れた新ジャンルの王様、金麦ですが、どんなときにもおいしく飲める万能型の新ジャンルだと思います。
そういういまも、金麦を飲みながら黄金いかと生ハムを食べています。あー最高かも。

それにしても、サントリーの新ジャンルは本当に外さないですねー。
以前あった、絹の贅沢という新ジャンルも大好きでした。最近はみかけませんが・・・
ただ、間違ってもカロリーオフの白の金麦だけは買わないほうがいいと思います。

他にも、最近はサッポロの北海道プレミアムみがき麦なんかを好んで飲んでいます。

実は、新ジャンルのパッケージをよーくみると2種類あります。
ひとつは「リキュール」とかかれたもの、もうひとつは「その他の醸造酒」とかかれたものです。

リキュールの代表格には金麦やクリアアサヒ、麦とホップ、その他の醸造酒の代表格にはのどごし生がありますが、
個人的にはリキュールの新ジャンルのほうが好きです。
その他の醸造酒は比較的雑味がめだちますが、リキュールはスッキリおいしく飲めると思います。

そういう僕も、ビアフェスでクラフトビールのおいしさを知って舌が肥えてしまえば、
新ジャンルなんて飲めるか!なんてなると思ったのですが、そうなる日は(経済的に)遠そうです。

それでは!
 


09/08/2013 4:11pm

Was browsing through Weebly when I stumbled here

Reply



Leave a Reply.